モットン枕は仰向けでも横向きでも寝やすいか?

モットン枕は仰向けでも横向きでも寝やすかった

私は物心ついた時から、寝る時は必ず横向きになって、眠りについていました。
仰向けだとなぜか不思議と寝れないんですよ。

 

モットン枕を使って8ヵ月になりますが、今もずっと横向きで寝ています。

 

モットン枕

 

ここを読んでくれてる人の中にも、「横向きじゃないと寝れない」という人はいませんか?

 

「モットン枕は横向き寝の人でも寝やすいの?」

 

ずばり、モットン枕は横向き寝でも使えますし、寝やすいです。

 

むしろ、モットン枕は横向き寝の人が使うほうがいいのでは?

 

と個人的には思います。

 

なんで横向きで寝るのに合ってるの?

 

横向きで寝るのと、仰向けに寝るのでは、枕に接している頭や顔の表面積が変わってきます。

 

仰向けに寝るのはまだ、頭と首が枕についていて、圧力を受け止める面積が広いので、それだけ枕に当たっている面の圧力は広く分散されていますね。

 

でも、横向きに寝ていると、顔の半分しか枕と接していません。

 

一般的な枕の場合、接する面積が小さいと、それだけその面に圧力がかかってしま運です。

 

 

肩や首にも、頭の重さが負担になってしまうので、起きた時に首や肩が痛くなっていると思います

実際、私も以前に使っていた枕ではそういう状態によくなっていました。

 

 

でも、モットン枕では、枕にかかる圧力をウレタンフォームがしっかりと下から持ちあげて、顔や首に負担がかからないようにささえてくれますよ。

 

そしてその圧力を広く分散させてくれるように作られていますので、首や肩が痛くなることがなく、私も毎日、熟睡できています。

 

横向き寝専用の枕は色々あるけど・・・

今は横向きで寝る人専用の枕が作られるようになり、私も近くの寝具専門店で枕を探しに行った時に横向き寝の専用枕を試させてもらったことがありますよ。

 

私が試したものは両サイドが高く、真ん中の仰向けで寝る場合に頭を乗せるところが低めになっていました。

 

メーカーはちょっと忘れてしまいましたが、店員さんは人気の枕だと言っていましたよ。

 

寝てみると、中身がウレタンフォームではなくパイプだったので、押し返してくれる力がなくただ硬いだけでした。

 

そして真ん中の仰向け寝の部分には綿が詰められていましたね。

 

厚みも薄かったので、使っているとすぐにへこんでしまいそうでした。

 

 

そして店員さんが「横向き寝は、顔などに重い頭の圧力がかかるので、できれば仰向けで寝たほうがいいですよ」と仰っていましたね。

 

私も仰向けで寝れるなら寝たいんですけど…。無理なんですよね。

 

 

その枕は高さの調節もできなかったので、その枕に高さが合う人しか効果的でない枕でした。

 

横向き寝用に作られていても、自分の高さに合わない枕は余計に首が痛くなったり肩の筋肉が休まることができないので、結局は「自分に合う高さかどうか」と、「横向きに寝てもその圧力を広く分散させて首や肩へ負担をかけないかどうか」だと思います。

モットン枕は横向き寝も安心な根拠

モットン枕は、「自分にあった高さに調節できる」そして、「高反発なウレタンフォームにより体の圧力を分散させる力」や、「下から体の重みをしっかりささえてくれる反発力」により、横向きで寝ても問題がなく、首や肩が痛くなることもないですね。

 

なので、モットン枕で充分、横向き寝に対応できますよね。

 

高密度でへたりにくい高反発ウレタンだから首に沿ってフィットしてくれますよ。

 

こういう高反発の枕を使うと、多分もう低反発ウレタンの枕やパイプの枕は使えなくなるだろうなと感じています。

 

 

モットン枕は高さ調節シートで50通りにも高さ調節ができるので、自分に合う高さにさえキチンと調節さえできていれば、あとは高反発ウレタンの寝心地に慣れるだけで、肩こりや首は楽になっていきますし、私のように横向きで寝ても安眠できる枕だと思いますよ。

 

⇒返金保証が使えるのはコチラだけでした!モットン枕公式サイト

page top