めりーさんの高反発枕のストレートネック効果を徹底解説!

スマホの普及でストレートネックの人が急増中!

近年になってよく耳にするようになった「ストレートネック」ですが、スマホやパソコンの普及で、ストレートネックに悩んでいる人が多くなりましたね。

 

スマホでストレートネック

 

私の職場の先輩もストレートネックがかなりひどくなり、職場でも何度か立っていられない状態になって数日、会社を休んでしまうことに…。

 

 

もともと首の骨は緩いカーブをえがいていますが、ストレートネックはスマホやパソコンなどを長時間覗き込む「前かがみの姿勢」が原因で、首の骨がまっすぐになってしまった状態をいいます。

 

 

頭の重さは一般的に「体重の10%」と言われていますので、体重が48kgの人なら4.8kgもあるんですね。

 

ストレートネックになってしまうと、頭の重さが首だけではささえられず、肩や背中の筋肉に負担がかかり、血のめぐりも妨げられてしまいます。

 

そうなると首や肩の痛みの他に頭痛や吐き気、手のしびれなどのさまざまな症状を引き起こしてしまうんですね。

 

 

急になってしまうものではなく、長い間前かがみの姿勢が続き、それが積み重なっていくとストレートネックになってしまうので、普段から肩のまわりの筋肉をほぐしておくことも大切だといわれていますよ。

 

また、姿勢を正しくするようにして、猫背にならないように気をつけましょう。

 

 

スマホやパソコンを長時間使っている人や台所仕事など、誰にでもなってしまう可能性があるストレートネックですが、ここでは

 

「ストレートネックにはどういう枕がいいのか?」

 

「めりーさんの高反発枕はストレートネックにも効果があるのか?」

 

ということを解説したいと思います。

ストレートネックにはどういう枕がいいのか?

最近ではストレートネックを矯正する枕がでていますが、あのかまぼこのようなアーチの枕は10分くらい使用するもので、夜に寝る時に使うものではないので注意してくださいね。

 

 

この枕だと、寝返りができないので体の歪みがとれませんし、首が長い時間圧迫されることで血流の障害を引き起こす可能性がありますよ。

 

ストレートネックの人が夜、眠る時の枕を選ぶ基準は?

 

ストレートネックにいい枕の条件その@高さがないこと

 

高い枕は首が前に倒れてしまい、首の後や背中の筋肉が緊張して疲れてしまいます。
これではストレートネックが余計に悪化していまいますね。

 

でもあまりに低すぎる枕では、首をささえられず首の筋肉が緊張したままとなってしまいます。

 

ストレートネックにいい枕の条件そのA寝返りがしやすいこと

寝返りは、その日1日の体の歪みや筋肉の緊張をゆるめ、元の正しい位置に戻す大切な働きがあります。

 

柔らかすぎる枕では、寝ている時に頭が沈みこんでしまい、首と頭をしっかりささえられず不必要な寝返りが増えてしまいますよ。

 

また、硬すぎる枕は頭が沈み込まず、寝返りがしにくくなり首をささえきれなくなってしまいますね。

 

 

ストレートネックにいい枕の条件そのB寝ている間に枕の形が崩れないこと

寝ている間に枕が変形して、高さが変わってしまわないものを選ぶのも重要ですよ。

 

中の詰め物が少ない枕や、頭の重みで枕の中心がへこみ、詰め物が両側に偏ってしまわないことも大切ですね。

めりーさんの高反発枕がストレートネックにおススメの理由

ストレートネックの人が枕を選ぶ基準をあげてみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

めりーさんの高反発枕は、枕の高さをご自身の首の高さに合うように低めに調節してもらえれば、あとの条件はすべて満たしていると思いました。

 

 

私も使っていますが、寝返りがしやすく適度に頭が沈みこみ首にフィットして、首や肩の筋肉をやわらげてくれますし、寝ている間に中身が偏ったり形が変形したりすることはありません。

 

枕の高さを調節する際は、必ず今寝ている布団やマットレスの上に置いて、寝心地を確かめながら行ってください。

 

そしてストレートネックの度合いにもよりますので、お医者さんの指示に従って悪化させないように、無理はしないようにしてくださいね。

 

⇒睡眠中のストレートネック対策!めりーさんの高反発枕公式サイト

page top